セミナーの目的

トップページ  >  セミナーについて

セミナーの目的

  今年度の大同生命寄付講座は、これまでとは趣向を変え、私が福岡大学経済学部の講義「 ベンチャー起業論」で行っていることを皆様にご覧いただこうと思います。そこで、寄付講座を「 ベンチャー起業論」の授業の形式で実施します。学生にも講座に参加させますので、皆様は、あたかも「 ベンチャー起業論」の受講生になったような気分で今回の寄付講座に参加することができます。

 「ベンチャー起業論」は、問題解決型の教育(PBL)に特徴があります。受講学生は、最高レベルの経営者による講義を聞き、その一方で実戦型のプロジェクト活動を行い、その活動成果を年2回のコンテストで発表します。また、ベンチャー起業論から派生した活動として、対象を福岡市内の大学と留学生に拡げた「ブレークスルー」もあります。ブレークスルーでは、九州の企業のアジア進出に向けたコンテストを年3回実施しております。

 プロジェクト活動で学生は、地元企業にインターンシップに行き、その企業のビジネスモデルを学びます。そして、問題点を見つけその解決策を考えます。学生は中間報告として講師にプロジェクト活動について報告し厳しいコメントをもらいます。そしてコンテストでは、最終的な活動成果を発表し、経営者の方々から批評をいただきます。この一部始終≪講義、プロジェクト活動、コメント、発表会≫を今回の大同生命寄付講座で皆様にお見せしたいと考えています。

講座概要

コーディネーターのメッセージ

コーディネーターからのメッセージ

  戦後の日本経済は、アメリカの成功モデルから学ぶことにより発展しました。そこではオリジナリティの追求よりも、改善を重視することよって市場を獲得してきました。私は、1999年より、ベンチャー起業論という講義を立ち上げ、起業家育成を行ってきました。オリジナリティと実現可能性は二律背反的であり、同時に達成することは、スティーブジョブスなどの天才はともかく、普通の学生には困難です。私は敢えて、オリジナリティを捨て、徹底的な現状分析と問題発見と問題解決を重視してきました。現実の社会経験のない学生の意見はあるときは、とても幼稚に見えることも有ります。しかし、突然大変身し、常識にとらわれない視点から発表するビジネスプランで、見る人に驚きをもたらすことも稀ではありません。また、利害関係をもたない学生はいろんな人に直接アタックし、信じられないような大物の経営者、 経営コンサルタントなどの味方を獲得することもあります。これまでまったく目立たなかった学生が突然大活躍を始めるようなドラマも日常的に起こっています。このようなドラマの目撃者となり、あなたの職場でドラマを起こしてみませんか?

福岡大学経済学部教授 阿比留 正弘

講座概要

日 時
テーマ
講 師
10月16日(金)10:40~14:30 アサヒグループの経営戦略
10月30日(金)10:40~14:30 こだわりのものづくり
11月6日(金)10:40~14:30 歴史に学ぶ日本人の生き方
11月13日(金)10:40~14:30 情報の発信力を高める方法
11月27日(金)10:40~14:30 For the Customerのための真空マーケット
12月12日(土)13:00~18:00 ブレイクスルー2015 第二回コンテスト
12月19日(土)13:00~18:00 ベンチャー起業論ビジネスプランコンテスト2015
3月12日(土)13:00~18:00 ブレイクスルー2015 最終コンテスト
会 場 【講座】 福岡大学8号館3階831教室, A棟地下1階AB01教室(11/27のみ), 有朋会館 (12/12のみ)
【懇親会】 (12/12)中央図書館1階陽だまり, (12/19)文系センター棟16階スカイラウンジ
(3/12)文系センター棟15階第7会議室
定数 400名  (定員に達し次第締め切らせて頂きます。)
回数 全8日間(前半5日間:講義、後半3日間:コンテスト・懇親会)
受講料 3,000 円  (懇親会費含む 全日程分)